きれいな夜景をつくるおしごと~確認がとれないと帰れない~

若い開発とかを構って遊ぶ会社員です。10才下の上長から「黙れババァ」って言われて何かが目覚めた。

やってもやっても終わらない。

なんか一ヶ月くらい意識が飛びました。

しごとが… しごとがすごくいそがしくて…

結構量があるものを「二日後まで」(ほとんど寝れなかった)とか「火曜日に」とか「やっぱり月曜日に」(週末?なにそれおいしいの?)、元データは平気で遅れるし、久々に「制作としてやられて嫌なことフルコース」みたいなのを一ヶ月じっくり味わいました。

ただ、こちらとしても

・終わらないと終わらない(もともと何らかの事情で進行が遅れていて、今月で集結させないと請求ができない、売上にならない)

っていうのはわかってるし、基本的に個々人が悪いわけじゃない、っていうのは承知なので、この一ヶ月頑張った。状況を正常化するために一瞬だけ最大出力で振り切って整える、みたいな。

で、一通り整ってきたら、「じゃあこれも」って追加がドンってより過酷な感じで載せられる、という……一応「マジでこれはやっても意味ない」(割に合わない)って時は断ってるけど。

今はちょっと終わりが見えなくて気が滅入っています…

事務作業と制作作業は同時に進行できないし…営業事務の方が優先度は高いんだよな…(月内に確実にやらないといけないことだし、代わりのスタッフがいない)ハァ…

 

そして読んでる本も長く陰鬱。面白いけど。