読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいな夜景をつくるおしごと~確認がとれないと帰れない~

若い開発とかを構って遊ぶ会社員です。10才下の上長から「黙れババァ」って言われて何かが目覚めた。

まさかの展開

新卒「ねえ○○手当てってどうですか?」(何の前触れもなく)

『え? 手当よりは基本給高い方が基本的には良いと思うけど…何の話?』

新卒「次の会社です」

 

…相談してくれて母はうれしいわ… お前のカーチャンではないが…

そんなわけで! 私が超かわいがっていた(相撲用語)新卒(含め数人)が辞めてしまいました!

ピンポイントに私が答えられることを聞いてくれてありがとう!私はyes/noで答えられない事項はほぼ役立たずだからな…というか辞める辞めないで相談されたとしても「私の方が先に音速で辞めてる」っていうクズっぷりだからな!
(最終的には辞めるだろうな…とは思ってたんだけど、こんなに早くその時が来るなんて。結局開発エンジニア80%辞めたみたい。相当揉めたっぽい…)

 

しかし毎回鮮やかにオチをつけてくれるコイツを私は愛してやまない。たまにグーでぶちたくなるけど。「新卒」っていう称号が完了する前に退職するとは思わなかった。

もしかしたら誰かが私の日記見て「老害の心を満たすためになんでもいいから相談しておけ」って言ってくれたのかもしれない…ですが…

 

何を選んだとしても本人が何かを決めたのであればそれは尊重すべきだと自分は思います。それ以外で他人(わたし)にできることは、金を出すか、目の前から去るかくらいであって、自分の流儀に合わないからっていって「常識がない」という便利な言葉で圧殺するようなやり方はしたくない。それが許されるのはリアルカーチャン(家族)だけ。

 

 会社はお互いに辞めてしまったけど、ズットモ…だよ!

matome.naver.jp