きれいな夜景をつくるおしごと~確認がとれないと帰れない~

若い開発とかを構って遊ぶ会社員です。10才下の上長から「黙れババァ」って言われて何かが目覚めた。

ニアピン賞……!

最近になってゆうちゃん(仮名。常駐に出されて休職したが奇跡の復活)に自分の年令をいう機会があり「私まだ30代なんだけどね…」って決死の覚悟で真実を告白したところ、「まあでも38とかですよね?」って誤差の範囲みたいに切られた……! 39ですけどね…! ニアピン賞……!
「ぼく32歳で童貞なんで終わってる感で言ったらどっこいどっこいですよ」って慰められたけど別に知りたくない情報をお互いに知ってしまった感がぱない。

 

私は常駐に行った先(ゆうちゃんとは別の会社)で、嫁いびりみたいな競合ベンダーからのいじめにあった結果、ゆうちゃんとドッコイなくらいの短期間で、ドクターストップがかかるレベルの喘息みたいな病気にかかってしまい、撤退を余儀なくされました……(休職は回避できたものの、ステロイド吸引薬をしばらく使っていた)

しかしこれってどうしたら回避できたのか。どうしたら成功できたのか。

 

上長(ゆうちゃんの次ー私の前に常駐に出されたが3ヶ月持ちこたえ生還し、我々の上長になった)に、忘年会で「人間模様が怖いのは今に始まったことじゃないし」って歌ったらまずいですかね…?って確認したところ

上長「正直に姑息に生きていく術を体現しないとな……」

ゆうちゃん「どうかやっちゃって…」

 

アニメ「中間管理録トネガワ」オリジナル・サウンドトラック

アニメ「中間管理録トネガワ」オリジナル・サウンドトラック

 

ところがどっこい・・・夢じゃありません・・・!現実です・・・!これが現実・・・!

何一つクリエイティブな事が生まれないこの泥レスみたいな現場……これが開発の会社なのか……!!