きれいな夜景をつくるおしごと~確認がとれないと帰れない~

若い開発とかを構って遊ぶ会社員です。10才下の上長から「黙れババァ」って言われて何かが目覚めた。

ゆうちゃんと文通する。

私が常駐になったため、ゆうちゃん(私のかわいがり対象。「40代にしては肌が綺麗」とか「ミクロネシアでは美人」などのトンチキなお世辞?でしばしば私を激怒させる30代男子。自称童貞だそうだが真実は誰にもわからない)と個人の連絡アカウントを交換したぞ…!やだ…フラグ…!?

常駐先と自社で連絡ツールが違う&組織での契約なので、帰社日に「飲みに行くぜ」とかの連絡がし辛いためでしたが、一通り煽り画像などを「俺のフォルダが火を吹くぜ」って送り合ってちょっと飽きてきた……

 

飲み会でゆうちゃんが「ほらほら!!これ!むしゅうせいなゆり!!」って見せてきたのが「ゆりかもめの写真」であったため、今の常駐先で黒い水鳥を見つけて撮って送った。

『むしゅうせいの黒くて立派なやつだよ!』

 

即返信「これはご立派ですね。太くてたくましいです(首が)。写真で見る限りオオバンではないかなと思うのですが…できればおみ足が見たいところですね」

 

詳しいな…… ていうかほんとに鳥好きなんだな……(私達の共通点は「酒飲みでコミュ障なので、昼休みは公園か川の近くで散歩していることが多い」なので、自然と近隣の鳥を見る機会が多い…)

オオバンって珍しい鳥なんではないのか。意外と都会で増えてるっぽい。

 

魚図鑑

魚図鑑

 

誰も知らない
知らない街を見下ろし
鳥は何を思うか
淋しい僕と同じだろうか
離ればなれ
鳥は群れの仲間が懐かしくなるのか
高い声で鳴いた 

常駐先で鳥を見てると「ミュージック」 のことを思い出します。いや今の常駐先はそんなに遠くは無いし、同じ会社の人もいるし、そこまで孤独ってほどではないし、むしろ業務の内容自体は驚異的に自分に合うやつ(瞬間風速だとコンバージョン160%みたいなのを産んでしまった…企画したのはプロパーの人なんで実装した私の手柄ではないのだが、先方から社費でゴージャスなお食事をごちそうになった…)なので幸せは幸せなんだけれども……ゆうちゃん……(涙)……