きれいな夜景をつくるおしごと~確認がとれないと帰れない~

若い開発とかを構って遊ぶ会社員です。10才下の上長から「黙れババァ」って言われて何かが目覚めた。

小僧の神様@常駐

自分がデジタルマーケター(マーケテクノというのか、ツールを使ってwebマーケとかメールマーケをやってやる係)になってから3年ほどが経過しました。いまだに全然ピヨピヨしているのですが、幸いツール系についてはドメインとかリダイレクトとか、cssとかjavascriptとか、「昔やらされたいろいろ」がそれなりに役立っているので、スタートが遅い割にはおコンサル然としてドヤァ…って生きています。

 

自分は前職で、断れない常駐(ソーシャルゲーム運営の会社に勤務していたが、完全にトレンドが終わっているうえに、若い子と違ってデザインにもフロントエンド開発にも対応できなかった。自分の給料分を稼ぐためにも常駐エンジニアとして他社に行くしかなかった)に行って、結果として滅茶苦茶体を壊し、その次の常駐で「まじでこれで失敗したらおれは退職するしかねえ……」という覚悟をキメた結果、MAツールに適性があることがわかって転職しました。

(「退職したくない」が目的だったはずなのにね…)

 

当時自分はいろんな意味で自信を失っており、非常に精神が不安な感じになっていました。
もともと開発力やコミュ力には難がある自覚はあったけど、唯一自信のあるジャンル「体が丈夫」「社畜力」が折られた(年齢的にも仕方なかったんだと思う…)ことは大きなダメージになりました。

回復できたきっかけは、二回目の常駐で割と適性のある仕事にあたった…というのもあるけど、それ以上に「現場の人に褒めてもらった」というのが大きかったです。
数値で結果を出した時は内心嬉しかったけど、他社常駐なので「他人の祭り」感があり、俺には関係ない…みたいなニヒルを気取っていました。

 

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

  • 作者:福本 伸行
  • 発売日: 2010/11/01
  • メディア: コミック
 

 他人の…祭り…! 俺のではない…!
(その後「黒沢」初めて読んだんだけど、最初はあまりにも自分のダメな境遇と似ていて辛くて読み進められなかった…)

 

でも、最初は三か月の予定だった常駐が長くなり、先方プロパーの人から「こういう実装は可能だろうか?」のような相談を受けたり、本来常駐は対象に含まれない(そこの会社の社員じゃないので当然)講習を受講させてもらったり、「おお…なんか自分はここで息をしていてもいい…という許可があるらしい…」という自信をつけて今に至ります。(なお常駐先で身に着けたMA的な知見が、自社に戻る際には一切評価されず、「メルマガにこだわるんなら今後給料上がらないし飼い殺しルートになるけどそれでもいい?」(原文ママ)って自社の上長に言われて「いいわけないだろ!!!」って辞めて転職した)

 

それまでの常駐がほんとに人間扱いされない(備品ですらもう少し丁寧に扱われるのでは…環境だったので、その一年で「良くしてもらった」という経験はマジで「小僧の神様」並みの甘美な思い出となり、今も自分を支えています。たぶん親切にしてくださった側にとっては割とフツーの対応かつもう忘れていると思うけどさ…

 

小僧の神様 他十篇 (岩波文庫)

小僧の神様 他十篇 (岩波文庫)

 

 

派遣社員とか常駐エンジニアとかに対して、備品じゃなくて人格を持った人ですよ…という気持ちをもってもらうと、数年後、「フフフ…わたしなんかよくわかんないけどおコンサルになったの…」という鶴の恩返し的な展開になるかもしれないので、受け入れる側の皆様、優しくしてください…

 

ちなみにおコンサルは常駐エンジニアに比べると単価が高いので、はるかに切られやすい…という特徴があります。まあでも切られても恨まないよ…予算のご都合はすべてのPJにあるからね!